for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国のコロナ新規感染者、6日連続で100人超え 北東部で拡大続く

[北京 18日 ロイター] - 中国国家衛生健康委員会は18日、中国本土で17日に新型コロナウイルスの感染者が新たに109人確認されたと発表した。春節(旧正月)の連休を前に北東部で感染が拡大しており、全国に広がる可能性が懸念されている。

 1月18日、中国国家衛生健康委員会は、中国本土で17日に新型コロナウイルスの感染者が新たに109人確認されたと発表した。上海の地下鉄の様子(2021年 ロイター/Aly Song)

新規感染者は前日も同数で、100人を超えるのは17日で6日連続となった。

17日の新規感染者のうち国内感染は93人。このうち54人が北京に隣接する河北省で報告された。また、北東部の吉林省では30人と過去最多の感染が確認され、新たなクラスター(集団感染)が発生するリスクが高まっている。

中国の新規感染者は2020年初めのピーク期と比べると依然として少ないものの、当局は感染再拡大による打撃を回避するため、一連の厳しい規制を導入、2900万人以上がロックダウン(都市封鎖)の対象となっている。

環球時報によると、河北省、黒竜江省、吉林省の少なくとも11地区では事実上のロックダウンが導入され、大規模なコロナ検査が実施されている。

中国鉄路総公司によると、移動制限にもかかわらず、春節休暇には約2億9600万人が鉄道で移動する見通し。前年は4億1000万人だった。

上海など多くの都市は、出稼ぎ労働者に帰省を控えるよう手当を支給している。

新華社は18日、新たなクラスターの発生は農村部の社会活動と市民の意識の欠如が原因であり、これが急速な感染拡大の温床になっているとの論評記事を配信した。

新華社が16日に伝えたところによると、北京市は海外からの渡航者に対し、21日間の医学的な経過観察後に追加でさらに7日間の経過観察を義務付けるという。

北京市では17日に2人の国内感染が確認された。

中国が確認された症例に分類していない無症状感染者の数は115人で、前日の119人から減少した。

これまでに本土で確認されている感染者は累計8万9336人、死者は4635人。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up