for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英からEUへの海産品輸出が停滞 ロンドンで抗議のデモ

 英国の欧州連合(EU)離脱移行期間終了後に煩雑化した通関手続きの影響で海産品のEU向け輸出が停滞、同国の漁業関係者が18日、ロンドンで政府の規制に対する抗議活動を行った。写真は抗議のスローガンが書かれたトラック、ロンドン中心部で撮影(2021年 ロイター/Hannah McKay)

[ロンドン 18日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱移行期間終了後に煩雑化した通関手続きの影響で海産品のEU向け輸出が停滞、同国の漁業関係者が18日、ロンドンで政府の規制に対する抗議活動を行った。

英国とEUは昨年末の移行期間終了の直前に貿易協定に合意、モノの貿易は関税ゼロが維持され、割当枠も設定されなかった。しかし、新年に入って通関手続き上の境界が設定され、海産品の輸出業者は漁獲量証明書や健康診断書の提出、税関申告が義務付けられた。これが輸送の遅延につながり、EUの顧客が英国からの海産品の入荷を拒否する状況となっている。

漁業関係者はロンドンの首相官邸近くにエビやカニなどの甲殻類を運ぶトラック20台以上を止めて抗議。トラックには「無能な政府が甲殻類業界を破壊している」などと書かれていた。

生きたカニやロブスター、それらの加工品をEUに輸出するベンチャー・シーフーズの幹部、ギャリー・ホッジソン氏はロイターに「システムが崩壊しかねない」との危機感を示した。EUに入るのに400ページの輸出書類の提出を求められた業者もいるとした。

別の海産品輸出業者DRコリン&サンのデービッド・ロージー氏は、以前は1晩でトラック1─2台を使ってフランスに生きたカニやロブスターなどを運んでいたが、今年は1箱も輸出できていないと述べた。

ジョンソン英首相は移行期間終了後の貿易手続きの変更について「初期の問題」で、新型コロナウイルスの流行の悪影響もあるとの見解を示した。

「お役所仕事による遅延」やEU側にモノを輸送する際に困難に直面している企業に補償するため追加で2300万ポンド(3124万ドル)のファンドを創設したと明らかにした。このほかにも、向こう数年で関連業界に1億ポンドを投資し、混乱を最小限に抑えるためにスコットランド自治政府に2億ポンド近くを支払う方針。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up