for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独ZEW景気期待指数、1月は61.8に上昇 輸出拡大への期待で

 ドイツ欧州経済センター(ZEW)が発表した1月の景気期待指数は61.8と、前月の55.0から上昇した。独ドゥイスブルグのスチール工場で1月撮影(2021年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツ欧州経済センター(ZEW)が発表した1月の景気期待指数は61.8と、前月の55.0から上昇した。輸出拡大への期待が背景。

ロイターがまとめたアナリスト予想は60.0だった。

ZEWのワムバッハ所長は「ロックダウン(都市封鎖)の影響が不透明だが、独経済の先行き見通しは小幅改善した。特に輸出への期待が大幅に高まった」と指摘した。

現況指数はマイナス66.4と、前月のマイナス66.5から小幅改善した。市場予想はマイナス68.5だった。

VPバンクのエコノミスト、トマス・ギッツェル氏は「統計内容がひどく悪化している兆しは見られない」とした上で、「労働市場は逆風にもかかわらず比較的良好に推移しており、工業も勢いを増している」と述べた。

ドイツ商工会議所(DIHK)が企業2000社を対象に行った年頭調査によると、工業企業の30%が輸出業の改善を見込んでおり、悪化を見込む向きの割合(22%)を上回った。昨年夏の時点では改善が26%、悪化が30%だった。

DZバンクのエコノミスト、ミヒャエル・ホルシュタイン氏は「新型コロナウイルスワクチンの普及に伴い、春から夏にかけて世界的に力強い回復が予想されており、そうした見方が信頼感に反映されている」と分析した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up