for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

11月の海外勢の米債保有、4カ月連続で減少 日本の保有減続く

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米財務省が19日発表した昨年11月の対米証券投資統計によると、海外投資家の米国債保有は4カ月連続で減少した。米国債保有高トップの日本の保有も4カ月連続で減少した。

 1月19日、米財務省が発表した昨年11月の対米証券投資統計によると、海外投資家の米国債保有は4カ月連続で減少した。写真は米ドル紙幣。2020年5月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

海外投資家の米国債保有は7兆0530億ドル。前月は7兆0680億ドルだった。

保有高トップの日本は1兆2600億ドルで、前月の1兆2690億ドルから減少した。

BMO(ニューヨーク)の金利ストラテジスト、ベン・ジェフリー氏はドルが対円で軟調な状況を踏まえ、今後は日本の投資家による米債保有動向が興味深いと指摘。日本の投資家にとって利回りが魅力的な水準となり、米国債の再購入を促す可能性があるとした。

ドルは11月に対円で1%近く下落、2020年通年では5%下落した。

2020年は日本の投資家にとって、米10年債購入と3カ月物為替フォワードを使った円のリスクヘッジのリターンがプラスだった。それ以前の4年近くは米国の金利が高く、リターンはマイナスとなっていた。

一方、米債保有高が2位の中国の11月保有高は1兆0630億ドルと、前月の1兆0540億ドルから増加。増加は6カ月ぶりだった。

11月末時点の米10年債利回りは0.842%で、月初の0.848%とほぼ変わらず。

取引ベースでは、11月の海外投資家による米国債投資は96億4600万ドルの買い越し、前月は200億7000万ドルの売り越しだった。過去11カ月のうち6カ月で買い越しとなった。

海外投資家による米国株投資は、619億3200万ドルの買い越し。買い越し額は5月以来の大きさだった。前月は240億7000万ドルの買い越しで、買い越しは7カ月連続。

海外投資家による米社債投資は、8億6700万ドルの買い越し。前月は215億1000万ドルの売り越しだった。過去6カ月のうち4カ月で売り越している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up