for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アリババ馬雲氏、イベントに登場 10月以来初めて公の場に

 1月20日、中国アリババ・グループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏(写真)が、中国農村部の教師100人とのビデオ会議に登場した。写真はパリで2019年5月撮影(2021年 ロイター/Charles Platiau)

[上海 20日 ロイター] - 中国アリババ・グループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が20日午前、中国農村部の教師100人とのビデオ会議に登場した。馬雲公益基金会(ジャック・マー・ファンデーション)が発表した。

馬氏は昨年10月下旬に開かれた上海での会議で当局を批判した後、3カ月にわたり公の場から姿を消していた。

馬氏がビデオ会議に登場したことは、浙江省政府が支援する浙江オンラインのニュースサイト、Tianmu Newsが最初に報じた。アリババ・グループもこれを確認した。

約50秒間のビデオで同氏は部屋の中からカメラに向かって直接語りかけた。ビデオやTianmu Newsの報道では同氏がどこから話しているかは不明。

馬氏は、ジャック・マー・ファンデーションが毎年、中国南部にある三亜市で開催するイベントにオンラインで参加。同基金の賞を受賞する教師100人に対して、新型コロナウイルスの影響で今回は会えないが、新型コロナが収束したら皆さんが三亜市に来れるようにし、再会しましょうと述べた。

TFCフィナンシャル・マネジメント(ボストン)の最高投資責任者(CIO)、ダン・カーン氏は「政府をいらだたせる発言をした結果、馬氏はいったんおとなしくしていたのだと思う。また姿が見られて良かった」と感想を漏らした。

アリババの香港上場株9988.HKは8.5%急騰してこの日の取引を終えた。米国預託証券(ADR)BABA.Nは6%高。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up