for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2020年の対シンガポール事業投資は13%増、08年以来の高水準

[シンガポール 20日 ロイター] - シンガポール経済開発庁(EDB)は、2020年の海外からの事業投資が13%増で、2008年以来の高水準だったと発表した。半導体、エネルギー、化学などの分野がけん引した。

設備や機械、その他機器などの固定資産投資の契約は172億シンガポールドル(130億米ドル)で、中長期目標の80億─100億シンガポールドルを大幅に上回った。

投資によりプロジェクトが完全に実施されれば、今後数年で新たに1万9352人の雇用が見込まれる。

20年はこのほかに、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を傘下に持つ北京字節跳動科技(バイトダンス)がシンガポールでの事業拡充を表明している。

20年の契約はシンガポール経済に年312億シンガポールドルをもたらす見込み。このうち情報通信やメディアが占める割合は最大で、3分の1超となっている。

ただEDBは、今年の固定資産投資は20年の水準に届かないと警戒している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up