for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独ロックダウン延長は経済の重し、第2四半期は3%成長確保=IFO

ドイツのIFO経済研究所は20日、政府がこのほど決定した新型コロナウイルス感染抑制に向けたロックダウン(都市封鎖)の延長は経済の重しになるものの、第2・四半期は3%のプラス成長を確保できるとの見方を示した。ベルリンで20日撮影(2021年 ロイター/FABRIZIO BENSCH)

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所は20日、政府がこのほど決定した新型コロナウイルス感染抑制に向けたロックダウン(都市封鎖)の延長は経済の重しになるものの、第2・四半期は3%のプラス成長を確保できるとの見方を示した。

メルケル首相は19日、今月31日が期限のロックダウン措置を2月14日まで延長することで各州首相と合意。他の欧州諸国が感染拡大を食い止める措置を講じなければ、入国制限も辞さない構えを示した。

IFOは、国内経済の成長が第1・四半期に停滞すると予想。IFOのエコノミスト、ティモ・ボルマーショイザー氏は、「ロックダウン延長は売上高、生産、付加価値の目減りにつながる」と述べた。

コメルツバンクのエコノミスト、エルク・クレーマー氏は、ロックダウンで小売業とサービス業が影響を受けるため、第1・四半期は2%のマイナス成長に陥ると予想。ロックダウンなどの抑制措置がなければ2%のプラス成長が見込まれていたとした。

独連邦統計庁は29日に昨年第4・四半期の国内総生産(GDP)統計を発表する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up