for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

COVAX、貧困国に今年コロナワクチン18億回分

 1月21日、新型コロナウイルスワクチンを共同出資・購入し、発展途上国にも供給を目指す枠組み「COVAX(コバックス)」は、今年18億回分を貧困国・低所得国に供給するとの最新目標を明らかにした。ナイジェリアで11日撮影(2021年 ロイター/Afolabi Sotunde )

[ロンドン 21日 ロイター] - 新型コロナウイルスワクチンを共同出資・購入し、発展途上国にも供給を目指す枠組み「COVAX(コバックス)」は21日、今年に18億回分を貧困国・低所得国に供給するとの最新目標を明らかにした。

ただ、調達や供給に影響する不確定要素はたくさんあり、契約の条件がこれから変更される余地もあるとの慎重な見方も示した。多くの供給の取り組みはまだ交渉中という。

コバックスに関わる国際組織AVIワクチンアライアンスによると、ワクチン買い取り補助金事前保証制度(AMC)を通じ、92カ国に供給する。対象国の総人口の約27%への接種が可能になるという。

今年後半には、これと別に自国で資金の工面ができる参加国との供給契約を履行したいとの期待も示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up