for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪中銀、政策金利を0.10%に据え置き 経済見通し引き上げ

[シドニー 4日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は4日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の0.10%に据え置くとともに、2024年まで超緩和的な政策を維持する方針を改めて示した。

オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は4日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の0.10%に据え置くとともに、2024年まで超緩和的な政策を維持する方針を改めて示した。シドニーで3日撮影。(2021年 ロイター/Loren Elliott)

一方、豪経済は「予想より堅調」なペースで拡大する見込みとし、今年の成長率見通しを上方修正した。

ロイター調査ではアナリスト25人中1人を除く全員が政策金利の据え置きを予想していた。

中銀は2021年の経済成長率見通しを4.75%とし、2月時点の3.5%から引き上げた。

失業率は21年末に約5%、22年末に4.5%前後に低下すると予想。2月時点では22年末までに5.5%に低下すると見込んでいた。

経済見通しの詳細は7日の日本時間午前10時30分に公表される。

ロウ総裁は声明で「豪経済の回復は予想よりも力強く継続すると予想する」とし「企業投資が拡大し、家計も過去1年のバランスシート強化に支えられるとみられる」と述べた。

ただ政策金利については、2024年半ばまで据え置く姿勢を示した。

フィデリティのクロスアセット・スペシャリスト、アンソニー・ドイル氏は「豪中銀は、景気回復に水を差すことを懸念し、拙速な金融引き締めを依然恐れている」と述べた。

<住宅市場過熱を警戒>

豪中銀は昨年、3度の利下げを実施し、3年物国債利回りを0.1%に維持するための措置を発表。長期債を対象とした大規模な量的緩和にも着手した。

ロウ総裁は声明で、1000億豪ドル(774億米ドル)の量的緩和第2弾終了後の将来の債券買い入れについて7月の理事会で検討する方針を示した。

「完全雇用とインフレの目標に向けた進展を支えるため、理事会は追加の債券買い入れを実施する用意がある」とし、「理事会は完全雇用への回帰に高い優先度を置いている」と述べた。

金融・財政の強力な刺激策により不動産市場は過熱、価格は最高値水準にある。

住宅需要は居住目的が主導していたが、直近のローン承認データによると投資目的も増えている。ナショナル・オーストラリア銀行のエコノミスト、タパス・ストリックランド氏は「投資家の動きがさらに過熱すれば、市場安定化に向け規制が発表される可能性がある」と述べた。

声明は住宅価格の上昇を指摘、住宅資金借り入れ状況を注意深く監視していると表明した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up