for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スコットランド議会選は独立派が過半数、ジョンソン政権との対立必至

 5月8日に実施された英スコットランド議会選(定数129議席)で、スコットランド独立を目指す勢力が過半数を占めた。写真は7日、グラスゴーの開票所を訪問するSNPのスタージョン党首。代表撮影(2021年 ロイター)

[グラスゴー(スコットランド) 8日 ロイター] - 8日に実施された英スコットランド議会選(定数129議席)で、スコットランド独立を目指す勢力が過半数を占めた。第1党となったのはスコットランド民族党(SNP)で、過半数にわずか1議席足りない64議席だったが、やはり独立志向のスコットランド緑の党が8議席を獲得した。

SNPは独立の是非を問う2回目の住民投票実施を公約。スコットランド緑の党もこれを支持している。ただジョンソン英首相は、2014年に行われて独立反対が多数を占めた1回目の住民投票で問題は決着したとの理由から2回目の投票を拒否しており、今後SNPなどとの対立が起きるのは確実だ。

今回の議会選結果を受け、SNPのスタージョン党首は、新型コロナウイルスのパンデミック収束後に2回目の住民投票を行う方針を改めて表明し、ジョンソン氏が「民意」を無視しようとすれば、論外でもってのほかだと早速けん制球を投じた。

一方ジョンソン氏はデーリー・テレグラフ紙に対して「現在の状況下での住民投票は無責任かつ無謀だ」と主張。ジャック・スコットランド相は、コロナ危機とワクチン接種の取り組みを優先すべきだとの考えを示した。

SNPなどとジョンソン政権の論争が政治的に解決するとの期待は乏しく、最終的には裁判所に争いが持ち込まれる公算が大きい。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up