for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

森友学園訴訟を巡る赤木ファイルの存在把握は「かなり前」=麻生氏

 5月10日、麻生太郎副総理兼財務相は衆院予算員会で、森友学園に関する財務省の公文書改ざん問題で、自殺した近畿財務局元職員が改ざんの経緯などを記録した「赤木ファイル」の存在を知ったのはかなり前だと発言した。1月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 10日 ロイター] - 麻生太郎副総理兼財務相は10日の衆院予算員会で、森友学園に関する財務省の公文書改ざん問題で、自殺した近畿財務局元職員が改ざんの経緯などを記録した「赤木ファイル」の存在を知ったのはかなり前だと発言した。

「私どもが知ったのはかなり前、ちょっといつからは記憶ない」と述べた。

報道によると、国は6日にファイルの存在を認め、元職員の赤木俊夫氏の妻が国などに損害賠償を求めた訴訟で大阪地裁に6月提出する予定となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up