for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パナソニック、今期28%増益 自動車向けが回復

 5月10日、パナソニックは2022年3月期通期の連結営業利益見通しを前期比28%増の3300億円と発表した。写真は同社のロゴ。2015年10月、幕張で撮影(2021年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 10日 ロイター] - パナソニックは10日、2022年3月期通期の連結営業利益見通しを前期比28%増の3300億円と発表した。自動車向け事業の回復がけん引するという。IBESがまとめたアナリスト18人の予想の平均は3298億円で、会社計画はほぼ市場の予想通りとなった。

今期の増収増益をけん引するのはオートモーティブ部門。市況の回復、北米新ラインの稼働などが売上増に寄与し、円筒型車載電池の材料を見直すことなどで利益も改善する。同部門の売上高見通しは16%増の1兆5600億円、営業利益は2.5倍増の280億円。

エアコンなどを含む主力のアプライアンス部門は、営業利益見通しが1050億円と、前期の1043億円からほぼ横ばいにとどまる。前期にコロナ禍の影響で営業赤字を計上したコネクテッドソリューションズは、システム開発子会社の健闘で180億円の黒字となる計画。

前期の連結営業利益は2586億円と12%減少。コロナの影響で航空機向け事業などが大きな打撃を受けた。

会見した梅田博和専務(CFO)の主な発言は以下の通り。

*今期業績予想、原材料高騰や半導体逼迫による製品供給リスクなど勘案

*テスラ含めた円筒形電池事業、黒字が定着してきた

*オートモーティブ部門の今期調整後営業利益500億円、電池事業が4割弱

●会見内容等を追記して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up