for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英、ワクチン特許権の一時放棄巡る議論に前向き

[ロンドン 11日 ロイター] - 英政府の報道官は、新型コロナウイルスワクチン特許権の一時放棄を巡る米国および他の世界貿易機関(WTO)加盟国との協議に前向きだと述べた。

「英国はTRIPS協定(知的財産権の貿易的側面に関する協定)の一時放棄に関する問題について米国や他のWTO加盟国と建設的な関わりを持っているが、世界的な生産と配布の拡大に向け今すぐ行動する必要がある」と指摘。一時放棄に関するWTOでの交渉は全会一致の指示を必要とするため長期にわたるだろうと述べた。

その上で「知的財産権に関する協議に建設的に関与する一方、ワクチンの自主的なライセンス供与を含む行動を引き続き押し進める必要がある」とした。

英アストラゼネカは英政府のスタンスについて「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)という特異的な状況には例外的な措置が求められる」ことに賛同していると言及。「当社はすでに世界中に20カ所の製造ラインを確立し、知的財産権とノウハウを数十社の提携企業と共有している」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up