for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=堅調、4連休中の米株上昇受け買い優勢に

[東京 26日 ロイター] -

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、堅調な展開が予想されている。4連休中の米国株式市場が上昇したことを手掛かりに買い優勢となりそうだ。ただ、企業の決算発表を見極めたいとのムードがあるほか、新型コロナウイルスの感染拡大が引き続き懸念されているため、買い一巡後はもみあうとみられる。

日経平均の予想レンジは2万7700円─2万8200円。

23日の米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。ダウ工業株30種は史上初の3万5000ドル台乗せとなった。

これを受けて日本株は、一転し急速な引き戻しになりそう。日経平均は、時間外取引先物の終値2万7910円、シカゴ先物終値2万8100円を目指して始まるとみられる。ただ、感染拡大への懸念のほか、やれやれ売りも出てくるとみられ、投資家の姿勢は上値に対して慎重になりそうだ。

連休中の米株の動きを意識して見送られていただけに、修正高から始まることになる見通しで、市場では「オリンピックも無事にスタートし、日本は序盤で金メダルラッシュとなったことも市場を明るくしそうだ」(東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏)との声が聞かれた。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均      27548.00 30714.52 16358.19

+159.84 2021年2月16日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物3月限 28180(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up