for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

黒い雨訴訟、上告せず=菅首相が表明

 7月26日、 菅義偉首相(写真)は広島への原爆投下後に降った「黒い雨」をめぐる訴訟について、上告を断念する考えを表明した。首相官邸で6月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 26日 ロイター] - 菅義偉首相は26日午後、広島への原爆投下後に降った「黒い雨」をめぐる訴訟について、上告を断念する考えを表明した。

菅首相は記者団に対し、「私自身、熟慮してきた結果、84人の原告について、被爆者援護法に基づき、その理念に立ち返る中で救済すべきと考えた」と表明。その考えのもとに「上告しないこととした」と語った。

広島高裁は今月14日、「黒い雨」が国の援護対象区域より広い範囲に降ったとして、原告全員を被爆者と認めた。広島県と広島市は国に対し上告を断念するよう要望していた。

首相は一方で、判決の中には「政府として受け入れがたい部分もある」とし、今後、談話という形で整理していく考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up