for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪=男子柔道73キロ級、大野将平2連覇「心動く瞬間あれば光栄」

[東京 26日 ロイター] - 東京五輪は26日、男子柔道73キロ級で大野将平が技あり(支え釣り込み足)でラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)を下し、金メダルを獲得した。大野は2016年のリオデジャネイロ大会に続いて同階級を制した。

大野は試合後「リオ五輪を終えて、苦しくて、つらい日々を凝縮したような、そんな1日の戦いだった」と語った。その上で、新型コロナウイルス禍中に五輪が開かれたことについて「賛否両論あることは理解している。われわれアスリートの姿をみて、何か心が動く瞬間があれば光栄に思う」と話した。

試合は互いに組み合うも4分間で決着がつかず、延長戦に突入。大野が得意とする大外刈りはポイントにならなかったが、最後は支え釣り込み足で技ありを奪った。

29歳の大野は山口県出身。13年、15年、19年の世界選手権を制した。得意技は大外刈りと内股。

大野は「まだ男女混合団体があるので、そこまで気を引き締めて取り組みたい」と語った。

今大会、日本の男子柔道の金メダルは60キロ級の高藤直寿、66キロ級の阿部一二三に続いて3つ目。女子は52キロ級で阿部詩が金、48キロ級で渡名喜風南(となき・ふうな)が銀、57キロ級で芳田司が銅を獲得している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up