for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪=体操男子団体、ロシア五輪委が金 日本は僅差で銀

 7月26日、 東京五輪は体操男子団体の決勝を行い、ロシアオリンピック委員会(ROC)が金メダルを獲得した。写真は銀メダルを獲得し、撮影に応じる日本代表の橋本大輝、萱和磨、北園丈琉、谷川航。有明体操競技場で撮影(2021年 ロイター/Mike Blake)

[東京 26日 ロイター] - 東京五輪は26日、体操男子団体の決勝を行い、ロシアオリンピック委員会(ROC)が金メダルを獲得した。日本は最後の鉄棒で中国を逆転したものの、ROCには僅差で及ばず、2大会連続の金メダルにはならなかった。

日本は谷川航、橋本大輝、萱和磨、北園丈琉が出場。全員が五輪で演技するのは初めてで、前回優勝した2016年のリオデジャネイロ大会からメンバーを一新して臨んだ。今大会からルール変更でメンバーが5人から4人に減った。

日本は5種目目の平行棒を終えてROCと中国に次ぐ3位。最後の鉄棒で中国を抜いた。ROCが最終種目の床でも高得点を出し、わずかに及ばなかった。日本とROCの得点差は0.103だった。

予選は日本が1位で通過していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up