for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米中、首脳会談巡り協議せず 国務副長官が王外相と会談

中国を訪問しているシャーマン米国務副長官は26日、天津で中国の王毅外相らと会談を行った。写真は1月21日撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京 26日 ロイター] - 中国を訪問しているシャーマン米国務副長官は26日、天津で中国の王毅外相らと会談を行った。米政府当局者によると、会談は約4時間にわたったものの、米中首脳会談の実現の可能性は議題として取り上げられず、具体的な合意は何も得られなかった。

米政府当局者によると、シャーマン副長官は会談で、香港、新疆ウイグル自治区、チベットなどにおける中国の行動のほか、サイバー攻撃などを巡る懸念を表明。王外相との会談では、世界保健機関(WHO)が計画している2回目の新型コロナウイルスの起源調査に中国が協力的でないことに懸念を示した。

米国務省は声明で「シャーマン副長官は、米国と同盟国の価値観と利益に反し、規則に基づく国際秩序を阻害する中国の行動に懸念を示した」とした。

政府当局者は「米中が相互に理解できるよう、見解が一致しない部分について協議することが重要だ」とし、「何らかの合意、もしくは特定の結果を得ることは、そもそも今回の会談の目的ではなかった」と述べた。

ホワイトハウスのサキ報道官は、シャーマン副長官の会談では米中首脳会談開催について取り上げられなかったものの、いずれかの時点で何かしらの機会があるだろうと指摘。「バイデン米大統領は対面での外交を引き続き確信しており、長期にわたって提唱してきた」と述べた。

今回の会談は中国の厳格な新型コロナウイルス対策に基づき、首都北京ではなく天津で開催され、会場となったホテルに海外メディアは入れず、中国メディアのみ立ち入りが許された。

会談開始直後に中国国営メディアは、中国の謝鋒外務次官がシャーマン副長官との会談の中で、米中関係の膠着は米国の一部の人々が中国を「仮想敵」と見なしているためと指摘したと報じた。

また中国外務省の声明によると、王外相は26日、米国に対し、中国へのあらゆる一方的な制裁や関税などを可能な限り早期に撤廃するよう要請。米国は中国の社会主義体制を脅かしたり、中傷したり、崩壊させようとしてはならないと強調したほか、新疆ウイグル自治区、チベット、香港に関する問題を巡り、米政府は中国の領土保全に害を及ぼすべきでないとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up