for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪=米体操女子のバイルス、個人総合を辞退 心の健康に集中

[東京 28日 ロイター] - 女子体操の米国代表シモーン・バイルス(24)が、心の健康に集中するため29日の女子個人総合に出場しないとこを決めた。米体操連盟が明らかにした。

バイルスは27日に団体総合決勝に出場。跳馬の演技後、精神的な理由で途中棄権し、世界に衝撃を与えていた。

バイルス

は2016年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを4つ獲得。絶対的な女王として東京五輪に挑んでいた。

個人総合にはジェード・キャリーが代わりに出場する。

米体操連盟は「シモーンの決断を支持するとともに、健康を優先する彼女の勇気を称賛する」と発表。「彼女の勇気は、改めて彼女が多くの人たちの模範であることを示している」とした。残る個人競技に参加するかどうかは、バイルスの様子を毎日評価して判断するという。

バイルスは途中棄権した27日夜、「人生には体操以外のものもある」と語っていた。「今回の五輪は自分のためにと思って臨んでいるが、他の人のためにやっているように感じていた」と述べていた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up