for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-政府・組織委、「すべきことは全て全力が当然の責任」=尾身会長

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は29日の参院内閣委員会で、東京五輪大会の開催中に、感染拡大と医療の逼迫を防ぐために、「すべきことは全て全力でやってもらうことが政府、組織委員会の当然の責任」との見解を述べた。写真は6月撮影。(2021年 ロイター/Issei Kato )

(質問者名を「杉野秀哉委員」から「杉尾秀哉委員」に訂正しました)

[東京 29日 ロイター] - 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は29日の参院内閣委員会で、東京五輪大会の開催中に、感染拡大と医療の逼迫を防ぐために、「すべきことは全て全力でやってもらうことが政府、組織委員会の当然の責任」との見解を述べた。

また、感染者数が東京都や全国で過去最多を更新していることについて、「大変な危機感を感じている」と発言。高齢者のワクチン接種は進んでおり、若い人達の接種がこれからという状況を説明し、「それ以外に感染を下げる要素があまりない。ところが上げる要素はたくさんある」とした。

感染者数を増加させる要素として、すでに国民はコロナ慣れしているということやデルタ株の強い感染力、オリンピックが開催されていることなどを挙げた。

「今の最大の危機は、社会一般の中で危機が共有されていないこと」だとし、このまま危機感が共有されないと、感染の状況はさらに拡大し、医療の逼迫が今よりもさらに深刻になるとの認識を示した。

政府には、「この時期を逃さないで、今まで以上に明確なしっかりした強いメッセージを出していただければ」と述べた。

一方、西村康稔経済再生相は、感染が拡大している首都圏3県から緊急事態宣言の要請あれば速やかに検討したいと改めて述べた。専門家の意見を聞いて機動的に対応したいと説明した。

徳茂雅之委員(自民)や杉尾秀哉委員(訂正、立憲民主)への答弁。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up