for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン米大統領、連邦政府職員にワクチン接種要請へ

関係筋によると、バイデン米大統領は29日、すべての文民の連邦政府職員に対し、新型コロナウイルスワクチンの接種を要請する方針だ。写真は3月6日、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Erin Scott)

[ワシントン 28日 ロイター] - 関係筋によると、バイデン米大統領は29日、すべての文民の連邦政府職員に対し、新型コロナウイルスワクチンの接種を要請する方針だ。

接種を受けない職員は、定期的な検査、社会的な距離の確保、マスクの着用を求められるほか、出張も制限される。

大統領が現地時間午後4時(日本時間30日午前5時)にホワイトハウスで演説し、新型コロナについて見解を示す。

関係筋によると、連邦政府職員に対するワクチン接種の義務化は見送る。ワクチンを接種しない職員が解雇されることはないという。

2020年のデータによると、文民の連邦政府職員は218万人。さらに米郵政公社(USPS)で57万人が働いている。USPSの職員や連邦政府の委託業者が対象になるかは不明。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up