for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪=棒高跳びのケンドリクスが欠場、コロナ陽性で

男子棒高跳びのサム・ケンドリクス選手(米国)が新型コロナウイルス陽性判定を受け、オリンピック東京大会への出場を断念した。写真は7月4日、ストックホルムで撮影(2021年 TT News Agency via REUTERS/Christine Olsson/tt )

[東京 29日 ロイター] - 男子棒高跳びのサム・ケンドリクス選手(米国)が新型コロナウイルス陽性判定を受け、オリンピック東京大会への出場を断念した。米オリンピック委員会(USOPC)が明らかにした。

同委員会はツイッターへの投稿で、ケンドリクス選手の父親が先に発表していた同選手の陽性判定を確認。「現地の手順に従い、ホテルに移動して隔離状態にある」とした。

ケンドリクス選手は、2017年と2019年に世界大会で優勝し、2016年のリオ五輪では銅メダルを獲得。世界記録保持者のデュプランティス選手(スウェーデン)との闘いは今回の陸上競技ハイライトの一つとして期待されていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up