for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

7月独失業者数は予想以上に減少、景気回復受け企業が採用に意欲

[ベルリン 29日 ロイター] - ドイツ連邦雇用庁が29日発表した7月の失業者数(季節調整後)は前月比で9万1000人減少し、259万8000人となった。景気回復の動きを受けて企業が雇用を増やした。

ロイター調査では2万8000人の減少が予想されていた。失業率(季節調整後)も5.7%に低下した。

雇用庁のシーレ長官は「夏休みシーズンに入って以降、失業者と不完全就業者は大幅な減少が続いている。企業は採用に意欲的になっている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up