for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏景況感指数、7月は119.0と過去最高 上昇ペースは鈍化

欧州連合(EU)の欧州委員会が29日発表した7月のユーロ圏景況感指数は119.0で過去最高だった。パリで再開準備をする店、5月撮影。(2021年 ロイター/Sarah Meyssonnier)

[ブリュッセル 29日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会が29日発表した7月のユーロ圏景況感指数は119.0で過去最高だった。ただし、消費者信頼感は低下、景況感指数の上昇ペースも落ちており、ピークが近いことが示唆された。

景況感指数は1985年の集計開始以来の最高。21年ぶりの高水準だった6月の117.9からさらに上昇した。

ただ、経済再開の好影響が弱まり始め、感染力が強い新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」への懸念が高まる中、景況感指数の上昇ペースは鈍化した。

欧州委は「過去数カ月と比べると、上昇ペースはずっと遅くなっている。ピークが近づいていることを示唆している」と指摘した。

7月は製造業景況感指数も過去最高を記録し、サービス業景況感指数は2007年8月以来の高水準だった。一方、これまで5カ月連続で上昇していた消費者信頼感指数は低下に転じた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up