for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スー・チー氏のNLD、近く解党の恐れ=国連ミャンマー特使

8月10日、国連でミャンマーを担当するブルゲナー事務総長特使は、ミャンマー国軍の指導部が権限を強化する決意を固めている様子がうかがえ、スー・チー氏(写真)率いる国民民主連盟(NLD)は近く解党となる恐れがあると述べた。写真は2017年9月、ネピドーで撮影(2021年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[国連 10日 ロイター] - 国連でミャンマーを担当するブルゲナー事務総長特使は10日、2月のクーデターで実権を握ったミャンマー国軍の指導部が権限を強化する決意を固めている様子がうかがえ、アウン・サン・スー・チー氏率いる国民民主連盟(NLD)は近く解党となる恐れがあると述べた。

国軍のミン・アウン・フライン総司令官は今月、NLDが勝利した昨年11月の総選挙を正式に無効とし、自身が暫定首相に就くと発表した。

ブルゲナー特使は記者団に「NLDの解党を近く耳にすることになると危惧している。これは国際的な行動が取られない中、(国軍による支配の)正統性を押し進める試みだ」と指摘。「国連は政権を認定する立場にないため、加盟国の決定に委ねられることを明確にしておかねばならない」と述べた。

また、加盟国が行動を起こすまでミャンマーは引き続き、国軍を批判しているチョー・モー・トゥン氏が正式な国連大使であり、指導者はスー・チー氏とウィン・ミン大統領だと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up