for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

国連、比のノーベル平和賞受賞者のオスロ渡航許可求める

11月29日、国連はフィリピン人として初めてノーベル平和賞を受賞したジャーナリスト、マリア・レッサ氏(写真)が来月の授賞式出席のためオスロを訪れることを許可するようフィリピン当局に求めた。マニラ近郊で10月撮影(2021年 ロイター/Eloisa Lopez)

[国連 29日 ロイター] - 国連は29日、フィリピン人として初めてノーベル平和賞を受賞したジャーナリスト、マリア・レッサ氏が来月の授賞式出席のためオスロを訪れることを許可するようフィリピン当局に求めた。

ノーベル平和賞はレッサ氏とともに、ロシアのジャーナリスト、ドミトリー・ムラトフ氏が受賞。受賞は世界的に言論の自由の権利支持と見なされている。

レッサ氏はフィリピン当局に、12月10日の受賞式のためにオスロへの渡航許可を求めている。

国連のステファン・ドゥジャリク事務総長報道官は、レッサ氏に対する移動規制について、国連は「非常に懸念している」と記者団に指摘。「われわれはフィリピン政府に対し、こうした規制を直ちに撤廃し、(レッサ氏の)渡航を許可するよう求める」と述べた。

レッサ氏のニュースサイト「ラップラー」のライセンスは停止されているほか、同氏はさまざまな理由で法的措置に直面している。

支持者らは、レッサ氏がドゥテルテ大統領の麻薬戦争など政策を追及しているため、政府から標的にされているとみている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up