for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米CDC諮問委、J&J製ワクチンの使用制限検討へ=米紙

 12月15日、米疾病対策センター(CDC)の諮問委員会は16日に会合を開き、血栓症を引き起こす問題が続いている米ジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチンについて、使用を制限する可能性を検討する。昨年10月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)の諮問委員会は16日に会合を開き、血栓症を引き起こす問題が続いている米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、使用を制限する可能性を検討する。

米紙ワシントン・ポストが15日に報じた。

報道によると、諮問委には同社製ワクチンを接種した人が血栓症を発症する割合が4月以降増えていると示すとみられる新たなデータが提示される見通し。

J&J製ワクチンを巡っては、若者や中年女性を中心にまれに深刻な血栓が発症したことを受け、調査のために米国で4月に10日間使用が停止された経緯がある。

同紙は連邦政府当局者の話として、血栓症に関連してこれまでに9人前後の死者が出たと伝えた。

CDCに報道についてコメントを求めたが、まだ回答はない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up