for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニスのジョコビッチ選手、豪が入国拒否 送還差し止め申し立て

[シドニー 6日 ロイター] - オーストラリア当局は6日、全豪オープンに出場するためにメルボルンの空港に到着していた男子テニス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)の入国を拒否した。

同選手は医学的理由で新型コロナウイルスのワクチン接種が免除されたとして、前日深夜にドバイからメルボルンの空港に到着したが、査証(ビザ)の問題を指摘され、隔離部屋で警察の監視下に置かれた。

豪国境警備隊は6日、ジョコビッチ選手の入国を拒否したと確認。同選手は「入国要件を満たす適切な証明を提出できなかった。このため、ビザが取り消された」とした。

全豪オープンの事情を知る関係筋によると、豪政府は文書で、ビザ取り消しと出身国への送還を同選手に通知した。ジョコビッチ選手は送還差し止めを申し立てる意向だという。手続きを進めるためにメルボルンのホテルに滞在するとみられる。

豪当局による入国拒否は、セルビアとの外交問題に発展する様相を見せている。

セルビアのブチッチ大統領はインスタグラムへの投稿で、ジョコビッチ選手と電話で話したと明らかにし「世界最高のテニス選手への嫌がらせをすぐに終わらせるために手を尽くす」と表明。

現地メディアによると、大統領は駐セルビアのオーストラリア大使を呼び出し、ジョコビッチ選手が試合に出場できるよう即座の解放を求めたという。

一方、モリソン豪首相はツイッターへの投稿で「国境に関しては特に、ルールを変えることはできない。誰もルールを超越できない」と強調した。

ジョコビッチ選手のワクチン免除を巡り、モリソン氏は厳しい批判を受けていた。

今年の全豪OPでは、感染拡大防止の観点から出場する全ての選手にワクチン接種が義務付けられているが、独立委員会により承認されれば医学的理由による接種免除が認められる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up