for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン、2月に外国人観光客の入国解禁 ワクチン接種条件

 1月28日、フィリピン政府は、新型コロナウイルスワクチン接種者を対象に外国人観光客の入国制限を解除すると明らかにした。ボラカイ島で2021年12月撮影(2022年 ロイター/Eloisa Lopez)

[マニラ 28日 ロイター] - フィリピン政府は28日、新型コロナウイルスワクチン接種者を対象に外国人観光客の入国制限を解除すると明らかにした。2月10日から適用する。新型コロナで打撃を受けた観光業界の復活につなげたい考え。

外国人観光客の入国制限は当初は昨年12月に解除する予定だったが、変異株オミクロンを巡る懸念を背景に、棚上げされていた。

観光査証(ビザ)取得を免除している150の国・地域が対象。

ベルナ・ロムロ・プヤット観光相は「特に観光に依存している分野で雇用再建に大いに資するだろう」と述べた。

海外から帰国するフィリピン国民についても、ワクチン接種や陰性証明を条件に、2月1日から隔離義務を撤廃する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up