for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ガソリン税一時的軽減、「今現在は検討せず」=岸田首相

1月31日、岸田首相は衆院予算委員会で、萩生田光一経産相が否定しなかったガソリン税を一時的に下げるトリガー条項の凍結解除について「今現在は検討せず」と述べた。資料写真、2021年10月、代表撮影(2022年 ロイター)

[東京 31日 ロイター] - 岸田文雄首相は31日の衆院予算委員会で、萩生田光一経産相が否定しなかったガソリン税を一時的に下げるトリガー条項の凍結解除について「今現在は検討せず」と述べた。城井崇委員(立民)への答弁。

萩生田経産相は30日のフジテレビの番組でトリガー条項の凍結解除について「否定しない」と述べ、原油高が続く場合には追加対策の選択肢の1つとする可能性を示唆した。

岸田首相は「買い控えや流通の混乱、国・地方の財政への影響から、凍結解除は適当でないと」と改めて政府見解を繰り返した。同時に政府が27日に発動した補助金支給によるガソリン価格抑制策を取り上げ「今後の状況をみるなかで、何が効果的かは引き続き検討していく。経産大臣の発言もこうした趣旨での発言。状況をみながら、あらゆる選択肢を排除しない」ともつけ加えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up