for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アニモカ・ブランズが日本に進出、クリエイターのNFT発行など支援

[東京 15日 ロイター] - 非代替性トークン(NFT)を手掛けるアニモカ・ブランズは15日、日本で本格的に事業を開始すると発表した。ブロックチェーン技術を使ったプラットフォームを構築し、アニメや漫画など日本のクリエイターがNFTなどを発行できる仕組みを提供する。

アニモカ・ブランズは香港を拠点とし、メタバースやNFTを扱う企業やプロジェクトに投資している。メタバースプラットフォームのサンドボックスの大株主でもある。サンドボックスには、ソフトバンクグループ傘下のビジョン・ファンド2が昨年、投資している。

日本では2021年10月に子会社「Animoca Brands」(東京都港区、谷元樹代表取締役)を設立。今年1月に約11億円の資金調達を行った。そのうちMCPアセット・マネジメント(東京都千代田区)が組成したIPX1号ファンドから500万米ドルの出資を受けた。同ファンドには、講談社や西日本鉄道、三井住友信託銀行などが参加している。

谷代表は「日本には漫画やアニメ、ゲームなど魅力的な知的財産があるが、クリエイターがそれに見合う対価を得ているとは言いにくい。NFTなどの仕組みを使ってビジネスとして成り立つように手助けしたい」と話している。

NFTは、暗号資産(仮想通貨)の基本技術として知られるブロックチェーン(分散型台帳)に存在するデジタル資産だ。ブロックチェーンは公共性があり、誰でもその資産の真正性や所有権を証明することができる。詐欺や偽造の問題も出ているが、市場規模は昨年、約250億ドル(約2兆8000億円)に拡大している。

オリバー・ワイマンのエンゲージメント・マネージャー、佐藤広大氏はNFT市場は今後も年2桁の成長が期待できると指摘。そのうえで「今は絵を描くのもデジタルが多くなった。漫画やアニメはNFTと相性がいい。うまくマネタイズできれば、大きなビジネスになる」との見方を示している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up