for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プーチン氏、ウクライナでの軍事活動を承認 「脅威から防衛」

[24日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は24日、ロシア軍にウクライナでの特別軍事活動を承認した。ウクライナ軍には撤退を呼び掛けた。

国民向けテレビ演説で、ロシアはウクライナからの脅威から自らを守る以外に選択肢がなかったと強調。狙いはウクライナの非軍事化だと述べた。

ウクライナ軍に向けて「直ちに武器を捨てて帰るよう求める。この要求に応じるウクライナ兵は全員、戦闘地帯を自由に離れ、家族のもとに戻ることができる」とも述べた。

プーチン氏は「特別軍事活動の実施を決断した」とし、「狙いは過去8年間、脅しと大量虐殺の対象となってきた人々を守ることだ。そのためにウクライナの非軍事化と非ナチ化を目指す」と発言。「ロシア連邦の市民を含め、市民に対する多数の流血の犯罪を犯した人間を裁判にかける」と述べた。

ウクライナはロシアの指摘する大量虐殺は捏造だと批判している。

首都キエフのロイター記者は、遠方で迫撃砲のような爆発音を複数回耳にした。

プーチン大統領は、外部勢力が行動を妨げようとするならすぐに対応し、ウクライナの非軍事化を目指すと表明。「われわれを妨げようとする者、さらにはわれわれの国や国民に脅威を与えようとする者は、ロシアの対応が即座に行われることを知るべきだ。そしてそれは、あなた方の歴史の中で一度も遭遇したことのないような結果につながるだろう」とした。

「ロシアは現在のウクライナ領土から来る絶え間ない脅威の中で安全を感じ、発展し存在することはできない」とし、「流血の全責任はウクライナ政権の良心が負う」と述べた。

また「わが国を直接攻撃すれば、敗北と悲惨な結果につながるということを誰も疑うべきではない」とけん制。「われわれはどのような出来事の展開にも対応できる準備ができている。この点については必要な全ての決定がなされている。私の声が届くことを願っている」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up