for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トルコ中銀、政策金利14%に据え置き インフレ率80%でも

トルコ中央銀行は政策金利を14%に据え置いた。据え置きは7カ月連続で、市場予想通りだった。写真は2014年、アンカラのトルコ中銀前で撮影(2022年 ロイター/Umit Bektas//File Photo)

[イスタンブール 21日 ロイター] - トルコ中央銀行は21日の金融政策委員会で、政策金利を14%に据え置いた。据え置きは7カ月連続で、市場予想通りだった。インフレ率は80%近くまで急上昇しているものの、今後ディスインフレが始まるとの見方は変更しなかった。

中銀は声明で、観光業が経済の下支えとなっているものの、エネルギー価格の高騰と貿易相手国の景気後退リスクがトルコの経常収支を悪化させる可能性があると述べた。また、信用の伸びの鈍化を注意深く監視しているとする一方、雇用創出の強さは他国を上回っているとした。

トルコはインフレ高進にも関わらず、非常に緩和的な政策を取っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up