for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスク氏、イラン市民向けのスペースX「スターリンク」起動の意向

 9月23日、米電気自動車(EV)大手テスラの最高経営責任者(CEO)で米宇宙開発のスペースXのCEOも務めるイーロン・マスク氏(写真)は、政権への抗議デモの続くイラン向けに、同社が開発した小型衛星通信システム「スターリンク」を起動させる考えを示した。写真はドイツのグリューンハイデで昨年5月撮影(2022年 ロイター/Michele Tantussi)

[23日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラの最高経営責任者(CEO)で米宇宙開発のスペースXのCEOも務めるイーロン・マスク氏は23日、政権への抗議デモの続くイラン向けに、同社が開発した小型衛星通信システム「スターリンク」を起動させる考えを示した。ブリンケン米国務長官がツイッターで、イラン市民向けにインターネットの自由と情報の自由な流れを促進させるため、米国が行動を取ると表明したことに応えた形。

イランでは、髪を隠すスカーフのかぶり方が不適切だとして拘束された女性が死亡したことに抗議するデモが続き、当局がネット規制を強化。マスク氏は19日、スターリンクとしてイラン市民に通信サービスを提供したいとし、米政府の対イラン制裁の除外対象になるよう政府に求めると表明していた。

米財務省は23日、イラン市民向けのネットサービス拡大についての指針を発表。同省当局者は記者説明でマスク氏の意向について、同省に要望を出すことが必要になるとの見解を表明。これに対して米国務省報道官は、定められた基準を満たしていれば追加的な許可は必要ないとの見解を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up