for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米グーグル課税逃れめぐるデータ分析、数年かかる可能性=仏当局

 5月29日、米アルファベット 傘下のグーグルのパリ支社が24日、課税逃れの疑いで家宅捜査を受けた問題で、押収データの分析作業には数年かかる可能性がある。写真のグーグル検索ページはパリで昨年8月撮影(2016年 ロイター/Pascal Rossignol)

[パリ 29日 ロイター] - 米アルファベットGOOGL.O 傘下のグーグルのパリ支社が24日、課税逃れの疑いで家宅捜査を受けた問題で、押収データの分析作業には数年かかる可能性がある。仏金融検察官のエリアーヌ・ヒューレット氏が29日明らかにした。

ヒューレット氏はラジオ局ヨーロッパ1、テレビ局iTeleとルモンド紙とのインタビューで「われわれは多くのコンピュータデータを収集した。データ分析には数カ月必要だ。数年にならないと期待したいが、われわれの資源は非常に限られている」と発言した。また家宅捜査には96人が参加したと付け加えた。

グーグルはフランスの法規に完全に従っていると主張しているが、多国籍企業が欧州で事業のグローバル展開を利用して課税を逃れているとして、世論や政府から圧力が高まっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up