for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アングル:インドで輝く中小企業、大手の苦戦尻目に好業績

[ニューデリー/ムンバイ 10日 ロイター] - ロハン・シャルマ氏にとって、ビジネスはかつてないほどに好調という。インド西部のグジャラート州にあるシャルマ氏の自動車部品会社「バギラータ・コーチ・アンド・メタル・ファブリケーターズ」では、売り上げが急増しており、受注高はこの1年間にほぼ倍になった。

 6月10日、ロハン・シャルマ氏にとって、ビジネスはかつてないほどに好調という。売り上げが急増しており、受注高はこの1年間にほぼ倍になった。写真はインドの西ベンガル州の州都コルカタで列車に荷物を運搬する模様。昨年2月撮影(2016年 ロイター/Rupak De Chowdhuri/File Photo)

この会社は最近、新規機械設備に12万ドル近くを投資。生産能力を拡大するために今年、最大120万ドルを支出する計画。

これはインド経済にとって心強いサインだ。インドでは、大企業のバランスシート悪化に加え、不良債権の急増を背景に細っている銀行融資への過度の依存が、民間投資がなかなか増えない要因になっている。

シャルマ氏は、自分の会社にはこうした制約はない、と胸を張る。同氏の会社は無借金で、生産能力拡大も内部資金でほぼ賄えるという。

インド準備銀行(中央銀行)の調査結果を見ると、シャルマ氏が特殊なケースではないことが分かる。24万社近い未上場の中小企業を対象に、中銀が実施した年次調査によれば、中小企業は利益の伸びなどが大企業よりはるかに高水準であり、インド経済の原動力になっている。

インドには4500万社以上の中小企業があるとされ、国内総生産(GDP)の40%近くに相当する。その大半は未上場であり、利益の伸びはここ3年間、上場企業をアウトパフォームしている。

中銀調査によると、中小企業の売上高は2014/15年、12%増加した。これに対して上場大企業の増収率は1.4%にとどまった。

また、営業利益については、中小企業では16.6%増となり、上場企業の3倍のペースで増加。中小企業は総貯蓄も増やしている。

一方、費用の高さが中小企業の純利益の伸びを半減させているが、それでも2桁増を確保。対照的に上場企業は純利益減に苦慮している。

<当面は政府支出が下支え>

中小企業の躍進は朗報だが、インド政府が目標とする8%以上の経済成長率を一貫して実現するには、大手上場企業の復活がやはり重要。

インドのモディ首相は今年度、320億ドルのインフラ支出計画の一環として、高速道路の1万キロ新設と5万キロ改修を計画している。

政府のインフラ計画はすでに、効果が表れ始めているようだ。上場企業(金融を除く)は今年1─3月期に、18%の増益を確保しており、大手企業のバランスシート改善への期待感が広がりつつある。

ただ、投資の回復はまだら模様だ。エンジアリング企業のサーマックスTHMX.NSでは、1─3月期の受注が前年同期比15%減少した。

銀行が企業のデフォルト(債務不履行)への対応を厳しくするなか、新規投資が目に見える形で回復するまでは、企業は資本支出を控える公算が大きい。インド政府のある高官は「それまでの間は、政府支出が支えるほかないだろう」との見方を示している。

*10日配信の記事のキャプションを修正して再送します。

Rajesh Kumar Singh記者、Suvashree Choudhury記者 翻訳:吉川彩 編集:吉瀬邦彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up