for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱UFJ銀など、米仮想通貨取引所コインベースに10億円出資

7月7日、仮想通貨の世界最大の取引所を運営する米コインベースは、戦略的提携の一環で三菱東京UFJ銀行など3社から1050万ドルの出資を受けると発表した。都内で2月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 仮想通貨の世界最大の取引所を運営する米コインベースは7日、戦略的提携の一環で三菱東京UFJ銀行と三菱UFJキャピタル、ベンチャーキャピタルのソーゾー・ベンチャーズの3社から1050万ドル(約10億5000万円)の出資を受けると発表した。

カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くコインベースは現在、個人投資家向けと機関投資家向けの2つの仮想通貨取引所を運営。 世界32カ国で事業を展開するが、日本にはまだ進出していない。

コインベースの国際事業を担当するサム・ローゼンブラム氏はロイターの電話取材に対し「三菱UFJ銀はアジアにおいても世界においても当社の力強いパートナーになる」と語り、国際的に事業を拡大する上で日本は重要な市場になるとの見方を示した。

同氏は、コインベースと三菱UFJ銀は約1年にわたり多様なプロジェクトで協力してきた結果、今回の戦略的資本提携につながったと説明。コインベースがいつ日本で事業を開始するかは決まっていないとした。

コインベースは昨年、複数の投資家から総額7500万ドルの出資を受けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up