for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏からの入国者隔離はやむを得ない措置=英運輸相

 8月14日、英国のシャップス運輸相は、フランスからの入国者に14日間の隔離措置を導入したのは国民の健康を守るためのやむを得ない手段だったと述べた。写真はヒースロー空港で7月撮影(2020年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英国のシャップス運輸相は14日、フランスからの入国者に14日間の隔離措置を導入したのは国民の健康を守るためのやむを得ない手段だったと述べた。

英国は13日遅く、15日0300GMT(日本時間同日正午)以降のフランス、オランダ、マルタからの渡航者を対象に隔離措置を導入すると発表。対象地域では新型コロナウイルスの感染率が非常に高くなっているためとしている。

これに対しフランスは対抗措置を取る方針を示した。

シャップス運輸相は、旅行者の心情に理解を示しつつも、パンデミック(世界的な大流行)の状況は流動的であり、国民の健康と安全を守るための措置だとして理解を求めた。

シャップス運輸相によると、観光でフランスに滞在する英国人は推計16万人。こうした人々は全て隔離の対象となるが、リスクは事前認識しているとして特別な支援措置は設けない方針。

昨年、英国からフランスへの渡航者はのべ1030万人に上っている。

英国航空会社の業界団体は、すでに痛手を被っている航空業界にとって隔離措置の導入は深刻な打撃だとした。また、国全体を対象とした隔離措置ではなく、新型コロナウイルス検査を受ければ隔離を回避できる仕組みや、最も感染が深刻な地域に絞った隔離規定を設けるべきだと提言した。

隔離措置の導入を受けて、航空会社株は軒並み下落している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up