for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「アングリーバード」のロビオ、第2四半期は160%増益 巣ごもり需要で

 8月14日、人気モバイルゲーム「アングリーバード」を手掛けるフィンランドのロビオ・エンターテインメントが発表した第2・四半期決算は、調整後の営業利益が前年同期比160%増の1380万ユーロとなった。写真はフィンランドのエスポーにある同社オフィスで2019年3月撮影(2020年 ロイター/Anne Kauranen)

[ヘルシンキ 14日 ロイター] - 人気モバイルゲーム「アングリーバード」を手掛けるフィンランドのロビオ・エンターテインメントROVIO.HEが14日発表した第2・四半期決算は、調整後の営業利益が前年同期比160%増の1380万ユーロとなった。前年同期は530万ユーロだった。

新型コロナウイルスの感染拡大によるロックダウン(都市封鎖)で、巣ごもり需要が拡大し、主力ゲーム関連の売り上げが過去最高となった。マーケティング費用も減少した。

売上高は3.6%減の6920万ユーロ。映画からの収入が振るわなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up