Reuters logo
UPDATE 2-債券市場丹念に点検、物価2%は柔軟な目標=宮尾日銀委員
2013年5月28日 / 06:02 / 4年後

UPDATE 2-債券市場丹念に点検、物価2%は柔軟な目標=宮尾日銀委員

(講演の詳細を追加しました)

[東京 28日 ロイター] - 日銀の宮尾龍蔵審議委員は28日午後、都内の日本外国特派員協会で講演し、このところの長期金利の動向について「米欧の金利上昇や国内の株価上昇が背景」との見方を示し、「債券市場を注視する」と強調した。2%の物価目標は「どんな犠牲を払っても達成するものでない」「柔軟な目標」と指摘した。

<長期金利の上下両方向の力、米欧金利上昇や国内株価上昇で上昇>

宮尾委員は日銀が2年を念頭に達成するとしている2%の物価目標について「他の多くの中央銀行のように、景気回復を伴ってバランス良く実現されるもので、どんな犠牲を払っても達成すればよい硬直的な枠組ではない」と説明。「2%との目標を示しているが、少しのずれも許容しないということではなく、平均的かつ安定的に維持されるよう運営されるべきもの」とした。

また柔軟な目標とすることで「日銀の信認が失われることはない」とも述べた。

4月4日の異次元緩和導入後の長期金利については「米欧長期金利の上昇や日本の株価の上昇などを背景の上昇する局面もみられている」と指摘。今後も、「景気回復期待やインフレ予想が高まってくることで、長期金利のベースとなる予想短期金利の部分が徐々に高まってくる」とし、長期金利は金融緩和の効果と合わせ「上下両方向の力が加わりながら推移していく」との見方を示した。

景気回復期待などで長期金利に上昇圧力がかかっても金融緩和で「金利に下押し圧力をかけ続けることで、景気回復をさらに強力にサポート」するとし、「長短金利が全体として安定的な経路に沿って推移することが重要」と強調した。

このため「債券市場の動きを丹念に点検し、市場参加者と密接な意見交換を行い、買い入れ頻度やペース、買い入れ対象の調整をするなど弾力的なオペ(公開市場操作)運用を行っている」と述べた。

<財政リスクの悪い金利上昇避けねばならない>  

財政懸念による「意図せざる悪い金利上昇は避けなければならない」と指摘。「経済の規制・制度改革など、経済全体の実力を高める方策を前に進めて、日本経済への信認を常に向上させること」の必要性を強調した。

異次元緩和の導入について「日銀は未踏の領域にさらに踏み込む決断をした」が、今後は「海外経済情勢や国際資本市場動向などリスクが顕在化する場合、総合的に判断し必要な調整行っていく」と述べた。

<量的緩和「生産」に効果>

日銀が2001年から06年に実施した「量的緩和政策」については、独自の分析を披露し「生産に対して相応の効果があり、株価や為替レートなどを通じた波及ルートが機能していた」と指摘した。これまで日銀では金融システムの安定化には寄与したものの、実体経済への効果はか必ずしも明確でないとの意見が主流だった。

<景気回復続けば来春賃金上昇も>

景気の先行きについては「本年中ごろには緩やかな回復経路に復していく」との見方を示した。消費者物価指数は「今年か来年には1%に接近する見込み」で、「2014年度には1%を上回る物価上昇率を実現する」と述べた。このように景気回復続けば「来春には賃金も上昇するのではないか」との見方を示した。

一方、海外経済については「中国や欧州経済など、下振れリスクの方が大きい」として注視する姿勢を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below