Reuters logo
UPDATE1: 独VW 、2段階の賃上げで労組と合意
2013年5月28日 / 14:43 / 4年後

UPDATE1: 独VW 、2段階の賃上げで労組と合意

[ハノーバー(ドイツ) 28日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW) は28日、ドイツ金属産業労組(IGメタル)との間で、ドイツ工場の従業員を対象にした2段階の賃上げで合意したと発表した。

合意では、ドイツ西部にある6つの工場と金融サービス部門の従業員を対象に、賃金は9月に3.4%引き上げられ、2014年7月にさらに2.2%上げられることになった。

労組側は9月に総選挙が迫るなかで政治家を味方につけ、インフレ率を上回る水準の賃上げでの合意に至った。

VWはまた、各従業員の企業年金プランに300ユーロを追加することを約束した。この労使協定は2015年2月28日まで有効となる。

IGメタルは今月、合計370万人の金属産業労働者およびエンジニアについても同様の賃上げに合意している。

ベレンベルク銀行のエコノミスト、クリスチャン・シュルツ氏は、「今回、そして同様の賃上げ協定はドイツ人に消費を増やすことを促すだろう。これによってドイツの経済成長とユーロ圏の不均衡解消を支えることになる」と指摘した。

また、労働コストが上がることはドイツの競争力を減じさせ、債務危機以降経済を立ち直らせることに苦しむ欧州の国々に公平な競争の環境を提供することになる。

VWの人事部長、ホルスト・ノイマン氏は「欧州の厳しい市場環境や激しい国際競争を考慮すれば、我々は限界に挑んている」と述べた。

1─4月期では、VWによる「フォルクスワーゲン」部門の自動車販売はドイツ市場で10.9%、欧州では7.9%、それぞれ低下している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below