May 30, 2013 / 4:47 AM / 7 years ago

UPDATE 2-パナソニック 、2015年度までの3年で自動車・産業用機器の人員約5000人削減へ

(情報を追加しました)

[東京 30日 ロイター] - パナソニック は30日、自動車・産業用機器事業の人員規模について、2013─2015年度の3年で約5000人圧縮する計画を明らかにした。

自動車・産業用機器を手掛ける社内分社「オートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)社」を統括する山田喜彦専務が30日のアナリスト説明会で話した。12年度のAIS社の人員規模は約11万1000人で、15年度には10万5000─6000人を想定しているという。

<AIS社、6事業の赤字は14年度までにすべて解消へ>

12年度に2期連続で巨額赤字を計上したパナソニックは、13─15年度の中期経営計画で、薄型テレビなど赤字事業を個別に解消していく方針。このうちAIS社は12年度に、半導体(システムLSIを除く)など6事業で計600億円弱の赤字を計上した。13年度には赤字を4事業に減らし、14年度にはAIS社の全事業で黒字化を目指す。

最大の課題は半導体事業で、すでにシステムLSIは富士通 と事業統合することで合意。残る半導体事業は12年度に205億円の赤字を計上。国内拠点の再編や人件費削減など固定費削減を徹底し、13年度に赤字を33億円に圧縮し、15年度に68億円の利益計上を目指す。

パナソニック連結の12年度売上高7兆3030億円のうち、AIS社の事業の売上高は2兆5180億円を占めた。6事業の赤字でAIS社の12年度の営業利益は295億円にとどまったが、全事業の黒字化によって15年度は1360億円の営業利益を目指す。パナソニックは中期経営計画で、15年度の連結営業利益を3500億円以上にすると発表している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below