June 5, 2013 / 7:27 AM / 5 years ago

ロシア中銀、10日の会合で主要政策金利を据え置く可能性=総裁

[サンクトペテルブルク 5日 ロイター] - ロシア中央銀行のイグナチェフ総裁は5日、中銀が6月10日の会合で主要政策金利を据え置く可能性があるが、他の金利については引き下げる可能性がある、との認識を示した。

総裁は今月の政策決定と経済状況について「非常に難しい」と表現した。

ロシア中銀総裁を11年務めた同氏は6月中に退任する。

ロシア中銀はここ数カ月、主要政策金利を据え置く一方、より長期の貸出金利を引き下げてきた。中銀は、経済の減速に加え、5月のインフレ率が7.4%と、中銀目標の5─6%を依然上回る状況に直面している。

総裁は「すべての主要政策金利を据え置く可能性はある」としたうえで、「一部の金利を引き下げ、他は据え置くといった決定を排除しない」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below