June 11, 2013 / 7:33 AM / 6 years ago

UPDATE 1-日立 、ホーチミン市の鉄道建設事業を約370億円で受注

(情報を追加しました)

[東京 11日 ロイター] - 日立製作所 は11日、ベトナム初の都市鉄道となるホーチミン市都市鉄道建設事業で車両など設備一式を総額約370億円で受注したと発表した。同社の鉄道事業としては昨年7月に発表した英国での高速鉄道プロジェクトに次ぐ大型の正式受注案件となる。

  日立が受注したのは、2018年初めに開業を予定している1号線(ベンタイン―スオイティエン間)で、同市中心部から北部地方行きバスターミナルがある市北東部の玄関口を結ぶ全長19.7キロメートルの路線建設計画。   日立は車両17編成(51両)や信号システム、列車無線などの通信システム、受変電設備のほか、ホームドアや券売機、改札機などを含む設備一式を納入する。開業後5年間の保守事業も請け負う予定で、今回とは別契約を結ぶため、受注総額はさらに増えることになる。

  ベトナムでは経済発展に伴う道路交通量の急増が深刻な問題となっており、公共交通による渋滞の解消や環境保全が期待されている。ホーチミン市では複数路線の都市鉄道建設が計画されており、本事業はその計画の第1弾。同事業はまた日本企業の技術活用などを条件とした本邦技術活用条件付き円借款が国際協力機構(JICA)から供与される。

ホーチミン市のほか、ハノイ市でも複数の都市交通が計画されており、日立は今後もベトナムを含む東南アジアを中心とした都市鉄道システムの受注拡大を目指す。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below