Reuters logo
マレーシア、市場のボラティリティに対処可能=中銀総裁
2013年6月14日 / 05:18 / 4年後

マレーシア、市場のボラティリティに対処可能=中銀総裁

[クアラルンプール 14日 ロイター] - バンク・ネガラ・マレーシア(中央銀行)のゼティ・アクター・アジズ総裁は14日、秩序だった市場の維持にコミットしていると述べたほか、経済は力強く、外為・株式市場のボラティリティには対処できる、との見方を示した。記者会見で語った。

総裁は「われわれは金融仲介機能を強化し、金融市場を発展させてきた。不安定になることなく、資金の流出入の荒さを吸収することが可能だ」との認識を示した。

通貨リンギ は今週、1ドル=3.1570リンギと、2012年7月以来の安値に落ち込んだ。きょう午前の段階では、同3.12リンギに回復している。

マレーシア中銀は2011年5月以来、政策金利を3%に据え置いている。総裁は、最近のリンギ安で利上げの可能性が高まったのかについてはコメントを拒否し、中銀が措置をとる場合には、それは「秩序だった」ものになると述べるにとどめた。

総裁は、現在の市場のボラティリティは一時的と述べたうえで、中銀は落ち着いた状況の維持にコミットしていると強調。「われわれの責務は外為市場の秩序だった状況を維持することだ。為替相場の特定の水準を支援するつもりはない」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below