Reuters logo
NY市場サマリー(14日)
2013年6月14日 / 23:13 / 4年後

NY市場サマリー(14日)

[14日 ロイター] - 
(カッコ内は前営業日比、%は利回り)
    
ドル/円    終値    94.08/10 
        始値    94.86/90 
    前営業日終値    95.37/39 


ユーロ/ドル  終値   1.3343/44
        始値   1.3313/17
    前営業日終値   1.3373/74
      
30年債 
     (2105GMT)      91*28.50(+0*05.50)=3.3038% 
     前営業日終盤      91*23.00(+1*01.00)=3.3133% 

10年債 
     (2105GMT)      96*20.00(+0*05.50)=2.1295%
     前営業日終盤      96*14.50(+0*22.00)=2.1489%

5年債 
     (2105GMT)      99*28.00(+0*04.50)=1.0259%
     前営業日終盤      99*23.50(+0*13.25)=1.0551%

2年債 
     (2105GMT)      99*30.50(+0*00.75)=0.2741%
     前営業日終盤      99*29.75(+0*02.50)=0.2860%
        
ダウ工業株30種(ドル) 
     終値          15070.18(‐105.90)
     前営業日終値      15176.08(+180.85)

ナスダック総合 
     終値          3423.56(‐21.81)
     前営業日終値      3445.37(+44.94)

S&P総合500種 
     終値          1626.73(‐9.63)
     前営業日終値      1636.36(+23.84)
   
COMEX金(8月限)(ドル/オンス)  <0#GC:>
         終値    1387.60(+9.80)
     前営業日終値    1377.80(‐14.20)

COMEX銀(7月限)(セント/オンス)   <0#SI:>
         終値    2195.40(+37.10)
     前営業日終値    2158.30(‐21.30)

北海ブレント原油先物(7月限)(ドル/バレル)  <0#LCO:>
         終値    105.93(+1.68)
     前営業日終値    104.25(+0.76)

米WTI原油先物(7月限)(ドル/バレル)   <0#CL:>
         終値    97.85(+1.16)
     前営業日終値    96.69(+0.81)

CRB商品指数(ポイント) 
         終値    286.1760(+0.8794)
     前営業日終値    285.2966(+0.0733)
    
    
    <為替> 円が対ドルで4日続伸。一時93.99円まで値を上げ、日銀が質的・量
的緩和を打ち出した4月4日以来の高値をつけた。中銀が積極的な緩和を維持するかをめ
ぐり不透明感が高まっており、円売りのポジションを解消する動きが強まった。
    米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控え、連邦準備理事会(FRB)の債券
買い入れ縮小開始時期に注目が集まっている。また日銀の物価上昇への取り組みが疑問視
されており、一部の投資家は円キャリートレードを巻き戻しているという。
    日経平均先物の下落を受けて円の上昇が加速した。6月の米ミシガン大消費者信頼感
指数が約6年ぶり高水準だった前月から低下したことも安全資産とされる円買いの材料と
なった。

    NY外為市場:[USD/J]

    <債券> 国債価格が小幅続伸。前日の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WS
J)の報道を受けた、連邦準備理事会(FRB)は低金利政策を長期間維持するとの見方
がこの日も続き、相場を支援した。
    同紙の報道で、FRBが量的緩和を早期に縮小するのではないかとの懸念が幾分和ら
ぐ結果となった。

    米金融・債券市場:[US/BJ]
    
    <株式> 反落して終了した。これまで株価の上昇要因となってきた主要中銀による
緩和措置が近く縮小される可能性があるとの観測から、米株価は下落基調にあり、週足で
は過去4週間のうち今週を含め3週間下落した。
    こうしたなかこの日は投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(
CBOE)ボラティリティー・インデックス(VIX指数) が4.5%上昇し17
.15となった。          

    米国株式市場:[.NJP]
    
    <金先物> 朝方の米卸売物価指数の上昇や地政学的リスクを背景に買われ、反発し
た。
        
    NY貴金属:[GOL/XJ]
    
    <米原油先物> 中東情勢に対する警戒感や米国の量的緩和縮小観測が一服したこと
を背景に、3日続伸した。
    
    NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below