June 25, 2013 / 8:08 PM / 6 years ago

ハンガリー中銀、11回連続利下げで政策金利4.25%に 市場はあと1回の利下げ予想

[ブダペスト 25日 ロイター] - ハンガリー国立銀行(中央銀行)は25日、政策金利 を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低水準となる4.25%とした。

利下げは前年8月以来11回連続。中銀は金融緩和により、2012年に1.7%のマイナス成長に陥った経済のてこ入れを図る。

中銀は声明で、「インフレ、および実体経済の見通しで正当化される限り、さらなる利下げ余地はあると判断する。ただ、世界的な状況がめまぐるしく変化していることについては、一段と注視する必要がある」とした。

エルステ銀行のアナリスト、ゾルタン・アロクスザラシ氏は、今回の声明はこれまでより若干タカ派的になっていると指摘。「これにより、あと1回で利下げは打ち止めになるとのわれわれの見方が裏付けられた。中銀は政策金利は最低水準に近づいているとのメッセージを発したいものとみている」と述べた。

ロイターが前週、アナリストを対象に実施した調査でも、ハンガリー中銀はあと1回の利下げを実施し、政策金利を4.0%まで引き下げるとの予想が示された。

中銀は四半期インフレ見通しで、2014年の平均物価上昇率見通しを3.2%とし、従来の2.8%から引き上げた。ただ中期インフレ見通しは、中銀が目標とする3%に引き続き沿った水準となるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below