Reuters logo
東京外為市場・正午=ドル99円後半、法人減税報道や実需のドル買いで堅調
2013年9月13日 / 03:52 / 4年後

東京外為市場・正午=ドル99円後半、法人減税報道や実需のドル買いで堅調

[東京 13日 ロイター] -   
  
         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
  正午現在   99.68/70  1.3280/84  132.38/42
  午前9時現在 99.56/58  1.3297/01  132.39/43
  NY午後5時 99.50/56  1.3299/00  132.34/38

    正午のドル/円 は、前日のニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高
/円安の99円後半。法人減税に関する一部報道や実需のドル買いで上昇基調となった。
政府が景気判断を上方修正すると、ストップロスを巻き込んで上値を伸ばした。米10年
債利回り が上昇し、ドル/円の戻りを支えた。
    
    <日本発の好材料相次ぐ>
    
    ドル/円は前日のニューヨーク市場で下げ渋った。米10年債利回りの低下で99.
00円まで下落したものの、日本経済新聞電子版が、政府が2014年4月に消費税率を
8%に引き上げることを前提に、法人税の実効税率を14年度にも引き下げる調整に入っ
たと報じると、上昇に転じた。
    
    東京市場に入ってからも、ドル/円は堅調に推移した。法人減税報道に加え「きょう
は週末前の実質5・10日で、仲値でドル需要があってドル/円が買われた」(大手信託
銀行)という。
    政府が9月の月例経済報告で景気は「緩やかに回復しつつある」とし、基調判断を2
カ月ぶりに上方修正すると、ドル/円は前日のニューヨーク時間の高値99.74円を上
抜けて上伸。同水準に控えていたストップロスのドル買いを巻き込んで99.85円をつ
けた。
    同じタイミングで米10年債利回りも上昇し、ドル買いへの追い風となった。
    
    <政権内で「温度差」>
    
    ただ、法人税の実効税率引き下げをめぐっては、閣僚間で微妙な温度差がある。
    13日午前、菅義偉官房長官は会見で、法人実効税率の引き下げについて、安倍晋三
首相から具体的に指示はないと述べた。麻生太郎財務相は閣議後会見で、法人税減税につ
いて「実効税率より投資減税などのほうが即効性ある」、「消費増税して企業の法人税を
下げる話が世間に通るとは思わない」などと述べた。 
    これに対して、甘利明経済再生担当相は閣議後の会見で「経済対策の具体的メニュー
の言及は避ける」としつつ「法人実効税率、具体的メニューの選択肢のなかには入ってい
る」と話した。

 (和田崇彦

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below