Reuters logo
ソニー 、スマホ3位確保の国は増えている、米中の本格展開へ
2013年9月13日 / 11:13 / 4年後

ソニー 、スマホ3位確保の国は増えている、米中の本格展開へ

[東京 13日 ロイター] - ソニー の携帯子会社、ソニーモバイルコミュニケーションズの鈴木国正社長は13日、東京都内で記者団に対し、同社のスマートフォン販売で、欧州とアジアで3位以内の地位を確保している国や地域は「着々と増えている」との認識を示した。

鈴木社長は、昨年5月にソニーモバイルのトップに就任以来、欧州、アジア、日本を重点市場として強化。今後もこれら地域の取り組みを強めるとともに、手薄となっている米国と中国についても「いよいよ本格的に通信事業者との議論を活発化している」と述べ、シェア争いに加わっていく構えを示した。

ソニーは世界市場で、韓国サムスン電子 、米アップル の「スマホ2強」に続く3位の地位確保を目指している。

鈴木社長はスマホ2強に対し「われわれが一気にシェアをとれる環境にはない」と述べた。また、3位争いについても「中国メーカーも台頭しており極めて厳しい競争だ」との認識を示した。

さらに、強みの日本市場においても、夏商戦で「ツートップ」の1機種としてソニー端末の販売を拡大したNTTドコモ が今月からアップルのアイフォーンの販売を始める。

ただ、鈴木社長は「商品が強ければ必ず市場で受け入れられる」と強調。下期にかけて、新製品の「エクスペリアZ1」を旗艦端末として販売を促進し、今期のスマホ販売計画4200万台(前年同期は3300万台)の達成を図る考えを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below