Reuters logo
シドニー外為・債券市場・中盤=米財政協議への楽観から豪ドル上昇 債先は下落
2013年10月16日 / 03:35 / 4年後

シドニー外為・債券市場・中盤=米財政協議への楽観から豪ドル上昇 債先は下落

[シドニー/ウェリントン 16日 ロイター] - 16日午前のオセアニア外国為替市場では、豪ドルが上昇した。米連邦債務の上限引き上げ期限を17日に控え、米議会が土壇場で合意に至るとの期待感が高まったため。

米上院の関係筋が合意について発表される可能性があると発言したことから、取引序盤では米ドルや株式、商品(コモディティー)通貨が上昇した。

豪ドル は序盤の1豪ドル=0.9512米ドルから上昇し、直近では0.9529米ドル。前日に付けた4カ月ぶり高値の0.9548米ドルからはやや下げた。

節目の0.9550米ドルを突破すれば、次の上値抵抗線は6月13日の高値の0.9665米ドルとみられる。

オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)の緩和サイクルが終了したとの見方が広がったことなどから、豪ドルはこの2週間で2%超上昇している。

コモンウェルス銀行のストラテジスト、ジョセフ・カプルソ氏は「市場はRBAに対する見方を変えている。これが豪ドルと豪債券利回りが上昇している重要な要因だ」と述べた。

今週公表された10月の理事会議事録では、RBAは追加利下げを急いでいないことや最近の豪ドル高に過度な懸念を抱いていないことが示された。

豪債券先物は軟化。3年債先物 は前日の96.790から96.760に下落。10年債先物 も一時95.780と2012年3月以来の安値まで下げた。直近では95.795。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below